風俗の指名無しはギャンブル

指名しないで運だけで風俗嬢と遊んだ体験談

デリヘルエンジョイをエネルギー源に

結婚生活の半分は単身赴任生活の私ですから、手前味噌ながら炊事洗濯身の回りの事に不自由は覚えません。ですがやはり不自由が誤魔化せないのが「あっち」の方なのは、世の男性の方々と一緒です。今だから白状しますと、素人の人妻とも、自分的にはグレーゾーンのつもりが世間的にはアウトの関係の時期もありましたが、やはりリスクが大き過ぎました。やはり風俗は私のような人生を歩む男性にとって、絶対に必要不可欠なサービスだと、これは声を大にさせていただきたい限りです。そんな私が風俗の永久チャンピオンだと確信しているのがデリヘルです。その魅力を語り始めると無制限1本勝負で声が枯れてしまうので、とにかく「デリヘルを知らずして男と名乗るべからず!」と断言から、みなさんに判断を委ねさせていただきましょう。何より妻も私の風俗通いには当然気づきつつも、男の生理を理解してくれているのか一切話題には触れずにいてくれているので、素直に感謝から甘えさせてもらっています。羨ましいでしょ?だからこそデリヘル嬢とのデリヘルタイムを心身のガソリンに、家族と自分自身の為に働き続けられているのです。

この歳になっての昇進がキッカケで

新卒で入社した中小企業内でも、特に仕事熱心でも上司達に気に入られるでも無く、万年下っ端もまた気楽だと開き直っていた私が、突然全国の支店に頻繁に出張するポストに、昇進というか異動を命じられました。それまで風俗など一切無縁で、結婚相手も親族の紹介から、お見合いと言うより半ば軌道路線に反対せずのゴールイン。それでも妻に不満など無く、親が経営する収益物件の副収入も安定しているので、周囲の目に映る以上に、経済的な不安とは幸い無縁の人生でした。ところが地元を離れて羽根を伸ばす楽しさをこの歳になって覚えてしまえば、行きつく先はご想像通り・・・各地の風俗開拓が家族には言えない趣味と言うか、生き甲斐になってしまいました。中でも同僚に指南されての風俗デビューとなった京都のデリヘルが最高です。a恋愛経験が乏しい自分には、毎回違うデリヘル嬢との出会いからの僅かな時間が刺激的で、毎回少年のようにドキドキしながらプレイタイムを楽しんでいます。まだまだ彼女達にリードされるばかりのデリヘルタイムですが、かつての下っ端時代の気軽だった毎日をふと思い出してみたり、快感プラス癒しを満喫させてもらっています。